今年の夏はこれで決まり!

毎日暑い日が続いています。
ここ数週間の間に、夫や子供から夕飯にリクエストされるのは「さっぱり食べられるもの」が増えて来ました。
いつもそればっかりでは体力がなくなってしまうと思い、から揚げやステーキを作るのですが、やはりそれほど箸が進まないようです。
私自身も正直、暑い中熱気の籠る台所で油を使うのは大変なので、ここ一週間くらいはついつい、ざるそばや冷やしうどんなんかが夕飯のメニューとなっています。
しかし、どちらもベースが麺つゆなので味が似通ってしまい飽きが来てしまいます。
去年の夏もそれで「他に冷たくて美味しいものがないかな」と探した記憶があるのですが、今年はとてもいいメニューをすでに見つけています。
それはタイ風の冷やしうどんです。
作り方は簡単で、市販品の〝食べるラー油〟にはちみつ、酢、麺つゆ、水を加えて汁を作り、後は茹でて冷やしたひやむぎやうどんに掛けるだけ。
付け合せに水菜とトマトを飾って完成です。
昼時の情報番組で作り方を紹介していたのですが、材料も家にあるもので作れたので見終わった後、見よう見まねで作ってみましたが、予想以上に美味しく出来上がりました。
辛み、甘み、そして酢っぱみが、暑くて食欲のない時でもするすると食べられます。
アジア風の味付けですが、食べるラー油に馴染みがあるせいか夫も子供も喜んで食べてくれるのでとても助かっています。
今年の夏はそばやうどんの日本的なメニューの他に、このタイ風のメニューもローテーションに入れて、暑い日々を乗り切ろうと思っています。